top of page
  • 執筆者の写真伊東 義博

任意売却に困ったときは無料相談に相談しよう

更新日:2022年12月2日

住宅ローンの支払いや、税金の差押え等で困った時は無料相談をしてみましょう!


こんにちは!

株式会社ファインエステートの伊東と申します。


私は神奈川県横浜市で任意売却・相続不動産(空家・税金の特例を利用した売却術)のプロとして、約15年ほど不動産売却のお手伝いをしております。



①自分では解決できない問題が起きて困ってしまった


住宅ローンの支払いや、税金の差押え等で困ったときは無料相談をしてみましょう。

当社でなくても、無料相談をされている会社さんも多いと思います。

例えば、銀行にリスケのお願いをしたいのだけど、「なんて言えば良いのか分からない」等、もう少し時間があれば「任意売却をしなくても大丈夫そうだ」ということでも、私たちは的確にアドバイスすることができます。

「自宅を売却しないとどうにもならない」という段階の前にご相談いただければ、アドバイスのみで終わることもあり、お客様にとってもそれが一番良いことだと思います。



②任意売却といっても全て自分で決めることはできません


任意という名前は付いているものの、本当の意味で自分の自由に物事が決められるわけではありませんので、困りごとや悩み事が発生する可能性は十分にあります。


そもそも、任意売却は住宅ローンの返済が滞った場合に取る行動の選択肢の一つとなっています。

基本的なことを言えば、不動産を売却する際には、住宅ローン(抵当権)を完済(抹消)していることが前提のはずです。

にもかかわらず売却して現金を手にする道が任意売却となるわけですので、これはその住宅ローンを融資してくれていた金融機関の同意が得られることが必要となってきます。


同意をもらわなくては売却することができない。

この意味では自分で自由に決められるものではありません。


ただし、金融機関側の立場でも、実際に住宅ローン返済に行き詰っている以上、少しでも多くのお金を回収できる可能性を探ります。

そして、任意売却は競売と比較すると市場価格に近い値段での売却が十分に期待できますので、彼らが特に反対する理由はありません。それでも難色を示す金融機関もありますので、事前に無料相談にて打ち合わせしておくのも大事です。



③ご相談は任意売却以外のことも多い


気になることは銀行以外にもあるかもしれませんね。

例えば、良くいただく質問としては、個人信用情報のことになります。

住宅ローンを滞納している時点で個人信用情報には既に傷がついていることは間違いありません。別に任意売却を選んだから、個人情報がもっと悪くなることはありえませんが、借りたお金を約束通り返すことができなかったという事実は明らかに個人信用情報に記録されます。

だからと言って会社を辞めざるを得なくなるとか普段の生活に大きな支障を来たすようなことはありませんが、当面の期間は新たにお金を借りるのは難しくなると理解しておかなければなりません。

これは銀行や消費者金融からお金を借りることのみならず、新しくクレジットカードを作ったり、分割払いで携帯電話を購入したりするようなことも含まれてきます。


このような任意売却とは違うことに関しても、もし少しでも心配なことがあれば無料相談を利用して悩み事を解消しておきましょう。


私たちは、いろいろな支払いをできずに、競売より任意売却を選択するお客様を相手に仕事をしています。その中で、様々な経験を積んでいますので、「この場合はこうなっている方が多いですね」という普通の不動産会社の方にはできないアドバイスができると思います。



最後に

当社は、任意売却が成功した場合のみ、債権者から報酬をいただく形なので、お客様にリスクがほとんどありません。任意売却の失敗は、競売までなにも動かなかった人と同じ結果になるのでやらないよりはやった方が、絶対良いと思っています。


もう一つ失敗しても任意売却を動かれた方が良い理由は、精神的な効果もあると思っています。誰にも相談できない悩みを打ち明けるのには勇気がいることだと思います。しかし、お客様のほとんどの方が、自分がダメな人間だと思っていることがあげられます。


私たちがお客様の味方になり、これからの新生活スタートにむけて一つ一つ課題をクリアしていくことで、お客様自身が変わっていくきっかけになることが多いからです。


「相談してよかった」と思っていただけるように、これからも頑張りますので、

ぜひLINE登録よりお問い合わせをいただけると嬉しいです!

閲覧数:14回0件のコメント

Comentarios


bottom of page